ホーム  > お知らせブログ - 銀天エコプラザ > プラスチック廃棄物について考えるESDプロジェクト見学会(その4)
うべっくる
イベントカレンダー
2020年9月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930
今月のイベントを見る
お知らせブログ
環境イベント情報募集中!

宇部市環境学習ポータルサイト「うべっくる」では、山口県宇部市で行われる環境イベント情報を募集しています。環境イベントに関する情報はこちらからお知らせ下さい。イベント情報を知らせる

-------- 2020年 --------

▼ -------- 2019年 -------- ▼

▼ -------- 2018年 -------- ▼

▼ -------- 2017年 -------- ▼

▼ -------- 2016年 -------- ▼

▼ -------- 2015年 -------- ▼

▼ -------- 2014年 -------- ▼

▼ -------- 2013年 -------- ▼

▼ -------- 2012年 -------- ▼

▼ -------- 2011年 -------- ▼

宇部市の環境学習施設
銀天エコプラザ ときわミュージアム 体験学習館「モンスタ」 アクトビレッジおの
銀天エコプラザ お知らせブログ

プラスチック廃棄物について考えるESDプロジェクト見学会(その4)

2019年09月13日

 この工場は紙のリサイクルが主要業務で、出荷待ちの古紙圧縮ベールは、
新聞紙、広告の混じった新聞紙、シュレッダー紙、雑紙、ダンボール、ダンボール切れ端、牛乳パックとかなり種類が多く区分けされている、それぞれ、分ければより高く売れると言うことであろう。新聞紙は新聞紙へ、シュレッダー紙はトイレットペーパーやキッチンペーパーに再生される。広告の混ざった新聞紙は少し値段が安めとはいえ、却って薄めの新聞紙に再生されるそうである。
 

中国の輸入禁止措置は古紙についてもとらなくなったそうで、少し古紙の相場も低下しているとのことである。ネットの情報でも厳しい状況にあるようだ。
https://www.recycle-clean.co.jp/stuff/blog11/601
 
相場の推移のグラフがあったが、国内価格は安定してるようであるが、詳しくは不明である。https://www.recycle-clean.co.jp/stuff/blog11/601

保管倉庫には、色々な種類の古紙からの圧縮梱包物が積まれていた。

一番関心があったのは、機密書類のシュレッダー処理であり、持ち込みの場合はkg20円、出張の場合は50円ということである。

終活のためにかなり安定した需要があるのではないだろうか。ちなみに県立大学は出張型シュレッダーを利用しているそうである。

 当工場も紙の他、空き缶、空きビン、ペットボトルのリサイクルや、発泡スチロールの溶融インゴットのリサイクルをされていた。発泡ポリスチレンインゴットの値段を聞いてみたが、kg50円くらいとのこと。ネットでEPS(Expanded Polystyrene)インゴットの相場を見ると、50~60円程度のようである。https://www.ootakishouten.co.jp/fee

空き缶の簡単な機械分別の機械の説明をしていただいたが、スチール缶は磁石で横にずらし、アルミは風で反対側に飛ばし、ガラスビンはそのまま下に落ちる仕組みになっていた。

この事業所の道沿いに、24時間リサイクルボックスが設けられていたのは興味深かった。実際分別しながら入れている人がいた。

閲覧数 719 コメント 0
コメントを見る・投稿する
この記事のURL: http://www.ubekuru.com/blog_view.php?id=5237

◆ 現在、コメントはありません。

この記事へコメントを投稿します。

名前

コメント ※必須

画像認証 ※必須

画像に表示されている数字を、左から順に下に入力してください。

(上に表示されている数字を左から順に入力してください。)



ページの先頭へ