ホーム  > お知らせブログ - 銀天エコプラザ > 燃料電池自動車の仕組みと現状
うべっくる
イベントカレンダー
2020年1月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
今月のイベントを見る
お知らせブログ
環境イベント情報募集中!

宇部市環境学習ポータルサイト「うべっくる」では、山口県宇部市で行われる環境イベント情報を募集しています。環境イベントに関する情報はこちらからお知らせ下さい。イベント情報を知らせる

-------- 2020年 --------

▼ -------- 2019年 -------- ▼

▼ -------- 2018年 -------- ▼

▼ -------- 2017年 -------- ▼

▼ -------- 2016年 -------- ▼

▼ -------- 2015年 -------- ▼

▼ -------- 2014年 -------- ▼

▼ -------- 2013年 -------- ▼

▼ -------- 2012年 -------- ▼

▼ -------- 2011年 -------- ▼

宇部市の環境学習施設
銀天エコプラザ ときわミュージアム 体験学習館「モンスタ」 アクトビレッジおの
銀天エコプラザ お知らせブログ

燃料電池自動車の仕組みと現状

2019年04月21日

燃料電池自動車は燃料電池で水素と酸素の化学反応によって発電した電気エネルギーを使って、モーターを回して走る自動車です。ガソリン車がガソリンスタンドで燃料を補給するように、燃料電池自動車は水素ステーションで燃料となる水素を補給します。

燃料電池自動車のメリットを5つ紹介します。

現在、どのような燃料電池自動車が販売されているのか調べてみました。

MIRAIは一度の充填で約650km走行する事が出来ます。

CLARITY FUEL CELLは一度の充填で約750km走行することが出来ます。
走行距離はどちらもガソリン車並みのため、環境のことを考えると燃料電池自動車はやはり良い事が分かります。
ですが、ガソリンスタンドの数は約30000給油所あるのに対して、水素ステーションは約100ステーションとかなり少ないため、利便性の面で考えるとガソリン車の方が良いと言えます。また、価格も高いため燃料電池自動車が普及していくのにはまだまだ時間がかかりそうだと感じました。

閲覧数 574 コメント 0
コメントを見る・投稿する
この記事のURL: http://www.ubekuru.com/blog_view.php?id=5120

◆ 現在、コメントはありません。

この記事へコメントを投稿します。

名前

コメント ※必須

画像認証 ※必須

画像に表示されている数字を、左から順に下に入力してください。

(上に表示されている数字を左から順に入力してください。)



ページの先頭へ